プロ野球もドリームナインもブログ

日々のドリームナインについてのブログです。プロ野球についての話題など、レート以外の話題もざっくばらんに書いていければと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[プロ野球]鳥谷の目は死んでいない?

2016年度シーズンで、突如調子を崩した鳥谷敬選手。打撃だけでなく、守備にも影響が出てしまい、連続フルイニング出場も途絶えてしまったシーズンでした。(ゴールデングラブ賞も坂本勇人選手に奪われてしまいましたね。。)

では鳥谷敬選手の隠れ代名詞であった、選球眼に感じでは、どうなのでしょうか?2016年度シーズンの四球率について、見ていきましょう。



四球率に大きく影響するのは、以下かと思います。

・長打を警戒されているか。(投手)
・選球眼があるか。(打者)
・調子が悪いか。(打者)

注目は『調子が悪いか』です。調子が悪く、なかなかヒットが打てない時には、四球での出塁を目指します。なので打率の悪いシーズンには、四球率は上がりがちです。2015年度の糸井嘉男選手などが代表例ですね。それでは、2016年度シーズンの四球率ランキングを見ていきたいと思います。

[2016年度 四球率ランキング]
1. 山田哲人 .164
2. 筒香嘉智 .155
3. 平田良介 .146
4. 鳥谷敬  .141
5. 坂本勇人 .140

山田・筒香・坂本に関しては、完全に長打警戒ですね。坂本勇人はそこまで長打というイメージもないですが、元から選球眼は優れている選手です。鳥谷は去年の.138よりわずかながら改善しています。おそらくこれは不調から来るものでしょう。ただしこの数字から見るに、選球眼は衰えていなさそうです。

また守備率も.987とマスコミに騒がれているほど、低くはないですし(むしろ去年より改善している)、盗塁成功率も.812と良好です。個人的には、まだ1番・2番で活躍できると思うのですが、いかがでしょうか。

スポンサーサイト
  1. 2017/01/03(火) 18:16:00|
  2. プロ野球

プロフィール

Author:dreamnineblog
ドリナイ レートの部屋の管理者です。プロ野球大好き!プロ野球スピリッツ(プロスピ)などもやってます。
巨人ファンです!!

Twitterアカウント
https://twitter.com/dreamnineblog

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
プロ野球 (4)
ドリームナイン (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。